【後発向けレビュー】 ♢ リバース:1999

【リバース1999】どんなゲームか詳しく解説!つまらないのか評価レビュー

 

  • リバース:1999が気になっている
  • 新しくプレイするスマホゲームを探している
  • リバース:1999をプレイする予定
  • フルボイスストーリーのゲームが好き
  • アートのような世界観に興味がある

 

クロボム
上記の方におすすめの記事内容です!

 

CBTからプレイしている管理人がリバース:1999の良いところと悪いところをまとめました

 

”リバース:1999”合わせて読みたい記事

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

リバース:1999ってどんなゲーム

 

気になるポイントまとめ

ガチャ最高レアリティの排出率 1.5%
リセマラまでかかる時間 時間が掛かるのでリセマラ不要
初回にガチャを引ける回数 ミッションクリアで最大73回
ガチャ天井機能 60連で2.5%UP・以降10連毎に2.5%UP
キャラクターデザインの特徴 Live2Dグラフィック
ストーリーの特徴 全キャラフルボイス
バトル機能 オートなし、手動操作、倍速設定あり
デイリーミッションにかかる時間 10分程度
ガチャ10連分の課金換算額 ¥3,610(購入特典等を除く)

 

クロボム
それでは詳しく解説していきます!

 

リバース:1999の世界観

20世紀のイギリスやアメリカには異能力が使える神秘学家(アルカニスト)がいました設定で進むレトロ感強めなSF系ストーリー

 

時間が逆行する天災『ストーム』によって1999年から2000年を迎えることができない世界。

 

ストームの影響を受けない『時を司る者(タイムキーパー)』と呼ばれる少女は、幾重の時代の終わりを見届け、神秘学科(アルカニスト)を保護し、仲間と共にストームの謎を解き明かしていきます。

 

1929年の『世界恐慌』など、実際の歴史と紐付けて物語が進むので、全体的に深みのある内容でした。

 

 

アルカニストの管理機構である『聖パブロフ財団』、ストームの裏で暗躍する過激派組織『マヌス・ヴェンデッタ』がストーリーの中心となる勢力で、正義っぽい感じの財団かと思いきや、少しきな臭い感じだったりと伏線がかなり多いのが『リバース:1999』の特徴です。

 

 

ストームですらストーリーを読んでもまだまだ謎が多いので、考察しながら楽しむといった要素が強め。

 

 

ソロゲーが楽しくなる『アートデザイン・フルボイス・立ち絵・BGM』などのクオリティはもちろん高いです。寧ろそっちに全振りして制作していると思います。

 

1章がモヤモヤの残る終わり方で、続きが気になった方はハマり、合わなかった方はアプリ削除の分かれ目になるかと思います。ゲームが気になる方はとりあえず1章までクリアしてみると良いかもしれません

リバース:1999

リバース:1999

初回73回の無料ガチャ!今すぐDLしよう!

 

キャラクターと豪華声優陣

【CV.山本希望】レグルス
【CV.石川由依】ドルーヴィスIII
【CV.土岐隼一】X
【CV.内田秀】ソネット
【CV.速水奨】ナイト
【CV.高森奈津美】ヴェルティ
【CV.伊藤美来】サザビー

 

ストーリーは全てフルボイスで進みます。シリアスな展開も多いため、声優の素晴らしいパフォーマンスで没入感が引き立ちます。

 

コンテンツ一覧

メインストーリー

古い映画館で上映会をしているようなBGMや雰囲気を演出するデザイン。メインストーリーをどんどん進めることで新しいコンテンツが解放されていきます。他にもストーリーを進めると頭を使うミニゲームが出てきたりとバトル以外のゲーム要素として楽しめます。

ウィルダネス

ヴィルダネスは島を拡張しながら育成素材やキャラとの絆を深めるコンテンツです。特に力を入れていない感じのサブコンテンツですが、放置するだけで素材が溜まったり、合成でしか手に入らないキャラレベル上限突破素材なんかも獲得できるため、意外と重要になります。

人工夢遊

ステージ毎に出現する敵を倒し、ポイントを貯め、育成素材やガチャに必要な雫を入手できます。ちょうど敵が強くなる3章の3-2クリア後に解放され、キャラの育成を助けてくれるでしょう。貰えるアイテムが豊富なため、進めるほど攻略に役立ちます。

 

バトルシステムの解説

FGOのようなターン制コマンドカードバトルと言えばピンッとくる方も多いと思います。

アタック・バフ・デバフ・回復・カウンター・アルティメット』などランダムに配置されるスキルカードを3箇所にセットして敵に攻撃するのが基本です。

キャラが保有するスキルカードは2枚とアルティメット1枚の合計3枚。他にも自動パッシブ効果が付きます。

 

 

ランダムに配置された同じカードは融合することでスキルレベルを上げることができます。より強力なダメージとMPを多く獲得できることから融合するタイミングやスキル順番、運要素も重要です。

 

また、FGOの令呪のようなシステムで行動力を消費せずカードを融合することができたりカードを全てシャッフルしたりできる『始まりの刻み』が使えます。

 

 

属性相性ダメージは+30%とレートが高いので敵に合わせてパーティー編成するのが効率的。カードの引き運やアルティメットの使うタイミングや融合など多くの戦略的要素が絡み、考えながら戦闘する歯応え満載のバトルが楽しめます。

 

 

育成システムの解説

レベル

レベルを上げることで全体的なステータスが上昇します。レベルアップ素材の『ダスト』は、資源探索で入手可能です。

共鳴

共鳴レベルを上げることで思念装填のピースが強化されます。思念装填は異なるピースを埋めることで各ピースに内装されたステータスがキャラクターに反映される仕組み。簡単にいうとよくあるソシャゲのキャラ装備みたいな感じの認識で大丈夫です。

心相

キャラ毎に1箇所装備することができる心相を装備することで様々な特殊効果やステータスが上昇します。資源探索の『意志解析』で入手できる『規律影像』を集めることで銀行(ショップ)から獲得可能です。

塑造(ソゾウ)

同じキャラをガチャから入手することで最大5凸分のスキル効果が向上します。

洞察

洞察』からキャラレベルを限界突破することでパッシブ効果を獲得できます。

 

ガチャ要素がキャラガチャのみで課金圧自体がそもそも低く、まったり世界観を楽しむことができます。装備などの課金要素もなく育成がシンプルで気に入りました。

 

スポンサーリンク

リバース:1999を実際にプレイした感想

良かった点

ストーリー

タイムパラドックス系のストーリーはよくありますが、伏線がとにかく多いのが印象です。最近のソシャゲではなかなか見ない世界観でかなりディープな内容になりそうな気がします。キャラと声優がミステリアスな雰囲気を演出し、水の音や鳥の鳴き声、レトロ調な音楽によって没入感を楽しめました。

操作

個人的にごちゃごちゃしたソシャゲがあまり好きではないので、操作感やUIがシンプルでプレイしやすかったです。育成に必要な素材の入手導線もしっかり引かれ、ボタン配置もシンプルなのが良かったと思いました。

デザイン

おそらく運営が一番力を入れているだろうデザインやアートによる世界観の作り込みが素晴らしいです。好みにもなりますが、全体的にデザインが気に入りました。神秘を題材にしているだけあり、色づかいや背景にこだわって制作したのが伝わります。

 

気になったところ

周回機能

一度クリアしたステージを周回する素材集めがソシャゲではお馴染みですが、リバース:1999にはスキップ機能がありません。『報酬×4倍機能』とクリアした時のバトルをそのまま再現する『オートバトル機能』が付いていますが、一度クリアしたバトルのリプレイをわざわざ見せられるくらいならスキップさせてくれた方が嬉しかったのが個人的な意見です。

 

リバース:1999の評価レビュー

キャラクターデザイン
グラフィック・背景
ストーリー魅力
サウンド・BGM
ゲームシステム 4.5
リセマラ
バトル 4.5
UI・操作性 4.5
課金内容 3.5
総合評価 4.22

・・・満足できるクオリティ
・・・十分に良いレベル
・・・平均よりは少し高い水準
・・・可もなく不可もなく
・・・悪くないけど思うところはある
・・・イマイチに感じる
・・・改善して欲しい

 

スポンサーリンク

リバース:1999レビューまとめ

おすすめできる人

◼︎ 考察系のストーリーが好きな方

◼︎ レトロな雰囲気が好きな方

おすすめできない人

◼︎ やり込み要素を求める方

◼︎ 難しい内容のストーリーが苦手な方

◼︎ オートバトルの手軽さを求める方

 

デザインやアートを基調とした全体的なクオリティは高いので、あとはシンプルに世界観にハマるかハマらないかだけだと思います。興味がある方はとりあえず1章だけ進めてみるのがおすすめです!

 

 

意外とイベントやストーリーの謎解きミニゲームが面白いので、続編ストーリーが出るまでの繋ぎとして楽しめます。気になった方は是非ダウンロードしてみてください。

 

リバース:1999の関連記事

【リバース1999】圧倒的に差が付く!おすすめ最強キャラランキング|海外先行情報

続きを見る

リバース:1999

リバース:1999

初回73回の無料ガチャ!今すぐDLしよう!

リリース日 2023年10月26日
アプリ名 リバース:1999
ジャンル 世紀末タイムリバースRPG
公式サイト リバース:1999公式サイト>>
公式X(旧Twitter) リバース:1999公式X>>
運営・開発 BLUEPOCH

-【後発向けレビュー】, ♢ リバース:1999
-, ,